女性だけじゃなく男性も美顔に憧れて脱毛を行う

美意識の高さは女性はもちろん、最近では男性にも見られる内容で、ニーズの高まりからメンズ脱毛サロンも急増しています。

男性も女性もムダ毛には悩みを抱えており、見た目の印象にも左右するのは顔です。

特にムダ毛が気になるパーツとして、もみあげラインや鼻の下、さらには鼻毛などが挙げられています。

最近ではデザイン脱毛が話題を集めていて、全てツルツルにしたくないニーズに応えた施術が展開されています。

デザインすることにより、若く魅せたり小顔効果までが期待できる内容で、もみあげはサイドにあるために自己処理が難しいパーツで、自分でセルフ処理する場合のコツとしては整えたい位置となるラインを決めますが、小顔効果にはラインの先端を斜め前に流す整え方がシャープに魅せられます。

ですが、自己処理は失敗しやすいためにサロンでの部位別プランを利用するのも1つの手で、頬からの許容範囲として相談することで同時に整えてくれるサロンも多く、メンズサロンでは単独でプランに組み入れている場合が一般的です。

特に男性の場合にはメラニンの濃い毛であるため、痛みがネックとなりやすく、注意したい内容です。

またホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンによる影響は女性の顔にも現れてしまいやすく、鼻の下や鼻の中などのムダ毛に悩むケースも美容の悩みとして挙げられています。

自己処理できるのは鼻の中のいわゆる鼻毛で、毛抜きを用いることが適していますが、抜いた後は雑菌が繁殖して炎症を起こすことも考えられるため、毛抜きの用具は衛生面にも考慮して消毒した状態で使うことはポイントです。

また、鼻の中の毛を全て抜くことによって、鼻の中にはウイルスやホコリなどが侵入しやすくなるため、コツとしては手前の毛のみを脱毛することで、目に見えにくい部分は専用のハサミなどで整える程度に留めておくことも大切です。

また鼻の下はオウトツがあるためにワックスによる脱毛では皮膚をしっかり引っ張り、オウトツをフラットな状態に整えてシートを貼ることが仕上がり良く導けるコツでもあり、男性の場合には産毛ではなくヒゲになるため、技術力とも言えるデザインセンスの良い術者やサロン選びがポイントとなります。

鼻の下だけではなく口ヒゲも作ることができ、自己処理では難しいバランスに配慮できるのは美容に特化したサロンならではの利点であり、脱毛することで清潔感や皮脂の分泌を抑制するなど、男性の美的悩みにもアプローチできる魅力が挙げられており、自己処理やサロンを賢く使い分けるのもテクニックの1つです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ